kensmac

パズドラのClash of Clansコラボってそこらのコラボとわけが違うんだよって話。

130617_coc

パズドラの話です。つい最近肝心のコラボダンジョンが終わってしまったのですが、パズドラやってる人は「『C of C』コラボダンジョン」は記憶にまだ新しいと思います。海外ゲームに詳しい人でない限りC of Cってなんのこっちゃという感じですが、「Clash of Clans」という海外での爆発的人気ゲームとのコラボから生まれたスペシャルダンジョンだったのです。これってあまり話題にならなかったですが、パズドラがカピバラさんやエヴァンゲリオンとコラボすることより全然大きい話なんですよ!!

C of Cは「Supercell」というフィンランドのゲーム会社が去年夏にだしたゲームです。Gunghoは(ケリ姫があるとはいえ)ほぼパズドラの1本で儲けてますが、Supercell はこのC of Cに加え、農場経営ゲームの Hay Day 、2大タイトルで売り上げています。むしろこの2タイトルしかありません。なんとこの2タイトルだけで去年1億ドル、今年の四半期だけで1.79億ドルもの売上を記録してる化けもん会社なんです。しかも2010年に立ち上げたばかりの若いスタートアップ。社員数は100名前後、社長のIlkka Paananen氏も若干34歳です。

下の表は今年4月のものですが、iOSでリリースされているゲームの月間売り上げ順位です。

Top-Publishers-by-Monthly-Game-Revenue_ioS

 

Supercellの売り上げがGunghoや今のりにのってるCandy Crush Saga(FBで通知うざいやつです)のKingなどを差し置いて世界1を記録しています。(たった2タイトルで!)つまりですよ、このコラボによって1位と2位が手を組んだってことなのです。ちゃんとした契約が結ばれたとかではないと思いますが、片方に万が一のことがあったらもう片方が助け舟をだしたりとかあるんじゃないですかね。なんでしょうね、イメージAppleとSamsungが手を組んだり、コーラとペプシがコラボったりという感じでしょうか(あまり良い例えが思いつかない)どっちにしろ3位以下を寄せ付けない圧倒的な力を生み出したわけです。ちょいとそこらのコラボじゃない感が伝わるでしょうか。(話はずれますが、EA gamesはアプリ907もだしても合計した売り上げはSupercell、Gungho、Kingに及ばないんですね…あと遠い昔に1位を記録していたZyngaは10位まで陥落してしまいましたか…)

Clash-of-Clans_5s

現在米App storeランキングはKing社のCandy Crush Sagaがここ4ヶ月程(16週連続)1位をキープしていますが、C of Cはぴったり2位についてます。Candy Crushフィーバー以前は長い間1位をキープしていました。

日本のランキングでもパズドラとのコラボ(6/24~)に加え、アプリの日本語化対応(6/17)、大規模プロモーションなどにより、ユーザー数を急速に伸ばし、国内App Storeランキングでもトップ5入りを果たしました。恐るべしパズドラ効果…ちなみにパズドラはというと驚異の43週連続の首位…もう1年近くトップの座を譲ってないんですね。

スクリーンショット 2013-07-10 14.42.49

かというパズドラも米国でC of Cコラボの恩恵があってApp Storeランキングトップ10入りを果たしています。世界的にはで凄まじくヒットしているものの日本進出できていなかったC of Cと、日本市場で大ヒットを記録している一方で海外ではまだ名を挙げていないパズドラが協力することで、お互いが広げたい市場の開拓に成功したのは完全にwin-winだったのではないでしょうか。

この先も両ゲームの動向に注目です。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. Excellent blog here! Also your website loads up very fast! What host are you using? Can I get your affiliate link to your host? I wish my web site loaded up as quickly as yours lol

コメントを残す

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookでコメントする

Return Top